謙虚な日々を

ガンプラな日々を〜時々イラストも〜

ガンプラがメインですが、自作キャラやDIYなども紹介するブログです。

音楽 THE YELLOW MONKEYの好きな曲選んでみました (No.5〜No.1)

f:id:snk55puwtnu:20171225001633j:image

こんにちは。

 

すてでぃです。

 

前回ご紹介したTHE YELLOW MONKEYの好きな曲No.10〜No.6でした。

 

そして今回は、前回の続きでNo.5〜No.1です。

 

その前に、THE YELLOW MONKEYのメンバーをご紹介したいと思います。

 

 

ボーカル・ギターの吉井和哉さんがほとんどの曲の作詞作曲をしています。

 

ギターの菊池英昭さんは、ドラムの菊池英二さんの実の兄です。

 

そしてなんとメンバー全員、年齢が50代なんです。

 

さらに全員、背が高くルックスもカッコいい、曲もカッコいい、もう言う事ないですね‼︎

 

私はカラオケによく行くのですが、最初の1曲目は勢いをつける為、BOØWYの『ONLY YOU』を歌うか、彼らの『SPARK』を歌います。

 

それでは、"目〜を閉じて〜始めよう〜"でNo.5〜No.1いってみましょう。

 

 

 

 

 

あ、目を開けてくださいね(笑)

 

 

 

 

 

No.5 マリーに口づけ

(smile #2)

すごくポップなメロディなので好きです。ついつい"ボンジュール・ジャポン"を口ずさんでしまいます。

 

 

 

 

 

No.4 JAM

(9th single / TRIAD YEARS act Ⅰ -THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY- #14)

皆様ご存知、彼らの代表曲です。バラード曲ではズバ抜けて好きです。考えさせられる歌詞であり、訴えかける様に歌う終盤の乗客に日本人はいませんでしたが有名です。

 

 

 

 


No.3 SUCK OF LIFE

(2nd single cw / EXPERIENCE MOVIE #11)

英語を訳すとスゴイ歌詞ですが…とにかくメロディが好きです。ノリノリで最高なのでカラオケで盛り上がります。

 

 

 

 


No.2 LOVERS ON BACKSTREET

(4th single cw / Bunched Birth #4)

メロディが多彩なので、1曲でお腹いっぱいになる曲です。どのメロディも印象的で耳に残るフレーズで、何度も聴きたくなります。

 

 

 

 

 

No.1 追憶のマーメイド

(7th single / FOUR SEASONS #9)

初めて聴いた時、1回聴いただけで好きになりました。ダントツで好きです。歌謡曲っぽいところがよくて、サビがとにかくカッコいいです。

 

 

 

 

 

1位、ベタですいません(笑)

 

ちなみに、惜しくもTOP10から漏れてしまいましたが、好きな曲はこちらです。

 

楽園

(11th single / SICKS #3)

この曲もカラオケでよく歌います。

 

TVのシンガー

(SICKS #4)

とにかくイントロのギターがカッコいいです。

 

ネバーギブアップ
(24th single cw / MOTHER OF ALL THE BEST Disc.3 #8)

こちらの曲もメロディやギターがカッコいいです。

 

2記事にわたってご紹介してきました『THE YELLOW MONKEYの好きな曲No.10〜No.1』ですが、前回のBOØWYと同じく曲を選ぶのに悩みました。

 

好きなアーティストだと、ほとんどいい曲ですからね。

 

吉井さんの曲は、結構耳に残る覚えやすい曲が多い気がします。

 

そして歌詞については、少し過激な所(すでにバンド名からインパクトありますので)もありますが、他のアーティストにない独特な歌詞が特徴的です。

 

もしこの記事を機に、彼らの曲を聴く事がありましたら、是非歌詞を見ながら聴いてみてください。

 

それではまた。

 

すてでぃでした。

GOLDEN YEARS Singles 1996-2001

GOLDEN YEARS Singles 1996-2001

 
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST

THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST