つくりびとな日々を

ガンプラやオリジナルキャラクター、4コママンガ、文字問題などをつくる"つくりびと"の趣味・雑記ブログ

文字問題 文字変換 初級編 その1


こんにちは。


すてでぃです。


今回は文字問題の第3弾、『文字変換』初級編その1になります。


文字の変換というと、"ひらがな"から"漢字"の変換が思い浮かび、パソコンの変換キーなら一瞬ですがその変換とは少し違います。


文字変換とは、『暗号』として出された数字を"ひらがな表"の行と列で交わる言葉に変換して答える問題です。


まずルールとして、あ行を1、か行を2(下記表赤字)というように"ひらがな表"の行を右から左へ数字を配置し、あ列を1、い列を2(下記表青字)というように"ひらがな表"の列を上から下へ数字を配置します。

ただし、わ行は10ではなく0とします。


『条件』について、"←↓"は行→列の順番で変換、"↓←"は列→行の順番で変換します。


例えば『暗号』が"6314"で、『条件』が"←↓"の場合、まず"6314"を"63"と"14"のように数字を2つずつに分けます。そしてあいうえお表の配置で右から6行目は"は行"で、は行の上から3列目は"ふ"、同様に右から1行目は"あ行"で、あ行の上から4列目は"え"なので答えは"ふえ"になります。


【例題】
暗号 6314
条件 ←↓

答え ふえ(笛)


この文字変換は文字移動と同様、頭の中で数字を配置した"ひらがな表"を思い浮かべて解くと、頭の体操になるかもしれません。


ちなみに頭の体操になるかどうかは、公的及び科学的根拠はありません。あくまでも"すてでぃ調べ"です。


また"ゃ""ゅ""ょ""っ"などの小さい文字(捨て仮名)は普通の仮名としてますのでお気をつけください。
(例:解読は「きつさてん」→解答は「きっさてん」)


どうですか?


説明下手ですいません…


意味わからないですよね…


とりあえずやってみませんか。


わからない場合は▶︎▶︎▶︎ひらがな表◀︎◀︎◀︎を、答えを確認したい場合は▶︎▶︎▶︎答え◀︎◀︎◀︎をクリックかタップしてください。


それではいってみましょう。


れっつ〜もじもじ〜‼︎


【問題】
次の暗号を条件に従いそれぞれ解読しなさい。












いかがでしたか。


解けましたか?


この文字変換は、文字移動とはまた違った考え方が必要です。


【お願い】
問題の作成者(すてでぃ)は素人人間ですので、もし問題や解答の中で気になる所やおかしな所などありましたら、コメントいただけると幸いです。


次回は、ちょっと難易度が上がる中級編になります。


☆★☆★☆★☆感謝☆★☆★☆★☆
いつも当ブログの閲覧やはてブ、コメントありがとうございます。


また次回も見に来ていただけたら、とても嬉しいです。


それではまた。


すてでぃでした。