謙虚な日々を

ガンプラな日々を〜時々イラストも〜

ガンプラがメインですが、自作キャラやDIYなども紹介するブログです。

読書 終末のフール(伊坂幸太郎)感想

 

終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)

 

こんにちは。

 

すてでぃです。

 

今回は、3年後に地球が滅亡する運命にある人々のお話、

 

『終末のフール』

伊坂幸太郎

 

を、ご紹介したいと思います。

 

【概要】

  • 発行日:2006年3月
  • 発行元:集英社

 

【内容】

『8年後小惑星が地球に衝突し、地球が滅亡する』とわかって5年が過ぎた仙台北部が舞台。

 

残りあと3年、人生を見つめ直す人々がそれぞれの生活を送る話。

 

本作品は短編集となっており、作品名でもある「終末のフール」から始まり「太陽のシール」「籠城のビール」など、お話が8つ収録されています。

 

【感想】

題名が"終末"という事で、パニック的なお話とも取れそうですが、地球滅亡が3年後という舞台であり、また表紙の絵からもわかるように穏やかな内容となっています。

 

小惑星が衝突すると発表した直後は、世界は大混乱だったはずであるが、地球が滅亡するとわかって5年が経ち、残り3年という猶予がある為か、登場人物はどこか皆落ち着いている印象です。

 

残り3年で"何が出来るか""何をすべきか"真剣に考える人達に引き込まれます。

 

短編それぞれに自分だったらどうするか考えさせられます。

 

 

 

特に私自身が考え、印象に残ったのは「太陽のシール」です。

 

3年後に世界が終わる中、妻が妊娠したとわかり子供を"産む""産まない"か夫が悩むというお話です。

 

4歳の子供がいる私として、もしその状態に置かれたとしたら…

 

もちろん産むのは妻なので、妻の考えも聞き、尊重すべきですが、私は産んでほしいです。

 

滅亡まで3人で精一杯生きて、滅亡する瞬間は3人で抱き合い、天国に行っても3人で一緒に暮らしたいと、そう思いました。

 

 

 

"地球滅亡"が3年後に迫る状況にもかかわらず、どこか穏やかで、どこかほっこりしてしまうそんなお話の集まりです。

 

また、伊坂幸太郎さんの作品でよくあるのですが、「あれ?これはさっき読んだ話の場面だな」みたいな感じで、それぞれの短編が所々繋がっているのが読んでいて楽しいです。

 

あとはタイトルが「◻︎◻︎の◯ール」と韻を踏んでいるところが面白いですね(笑)

 

伊坂幸太郎さんらしいユーモアある内容で読みやすくなっていますので是非興味あれば読んでみてください。

 

☆★☆感謝★☆★
いつも当ブログの閲覧、スターやはてブ、コメントありがとうございます。

 

前回、皆様からはてブにコメントを頂きまして、ダブルオーガンダムは比較的新しいガンダムでしたので知らない方が多かったですね。

 

アクションポーズ5を皆様気に入って頂けて、私もこのポーズが好きなので嬉しかったです。

 

それではまた。

 

すてでぃでした。